secret sky.

aquarium & photograph

キューブガーデン & アクロスーパークリア 比較レビュー 【60cmレギュラー水槽】

新年開けて1回目、このブログを始めて1回目の記事となります。

ブログを始めたらアクア用品のレビューはどうしてもしたかったものだったので、その第1回はまずこれが無くては始めることができない水槽。その中でも高透過ガラスを使用したスーパークリア水槽を比較していこうと思います。

スーパークリアガラス水槽といえばADAのキューブガーデンとcharmのアクロが代表格だと思いますので、今回は両者の60cm規格を新品状態にて比較していきたいと思います。

 

f:id:navy-navy:20210111035225j:plain

 

  •  スペック表

 
キューブガーデン (ADA)
アクロ スーパークリア (charm)
サイズ
60 x 30 x 36cm
ガラス厚
6mm
付属品
フタ受け
ガラスフタ
−−−
フタ受け
−−−
マット
保証
3年 *
1年 *
価格
¥11,000 (税抜)**
¥6,980 (税込)**

*の部分は後ほど説明していきます。

 

1. 水槽比較

 

まず初めに水槽自体の比較から行っていきます。

水槽サイズ、ガラス厚はどちらも同一スペックとなっております。

f:id:navy-navy:20210111021358j:plain

左:キューブガーデン 右:アクロ

両者ともアクアスカイ301Gを縁に寄せて縦置きで乗せ撮影しております。

まずはガラスの透明度ですが、ガラスの縁で比較した時キューブガーデンの方がやや透明度が高い印象です。実物も近づいて注意深く見ると画像の通りなのですが、パッと見では若干違和感があるか?くらいの違いで、両者に大きな差があるかと言われれば無いです。ただ今回はガラス厚6mmでの比較ですので120cm規格のようなより厚いガラスになるとその差はさらに広がるかもしれません。

*透明度についてはガラスの縁から反対側の縁を見た時の透明さであり、水槽を真正面から見た場合、透明度の違いは全くありません。

 

ガラスの色味についてはほぼ同等です。とは言ってもガラスの色味自体はロットによって大きく左右される部分だと思うのでここはあまり気にするところではないかなと。我が家にあるキューブガーデンも購入時期によって青っぽかったり緑っぽかったりと違いがあります。

 

最後にシリコンについて。

これはキューブガーデンの方が接着面が薄く水槽内部のコーキング面もギリギリまで攻めています。攻めすぎてて逆に不安になるくらいの勢いです。

対してアクロの接着面はやや厚め。この接着面の厚さが多少ガラスの透明度に影響を与えてる部分もあると思います。水槽内部の処理もキューブガーデンと比べるとシリコンがやや多め。しかし、ひと昔前のオールガラス水槽と比較するとアクロも驚異的なレベルで目立たないと言えます。

それでもなおシリコン処理の綺麗さはキューブガーデンの圧勝と言わざる負えません。

耐久性はその時が来るまで分からないため不明です。


比較した感じクオリティはキューブガーデンの方が上だと思います。

ですが、その差はそれほど大きいわけではなく、どちらか一本が置かれていてぱっと見でどっち?と言われても分からない程度のわずかな差です。

しかし、わずかではあれどその差は確実に存在していると思います。

 

2. 付属品

 

f:id:navy-navy:20210111220735j:plain

フタ受け (右 : キューブガーデン  左 : アクロ)

付属品はキューブガーデンはお決まりのフタ受けのみ、アクロは後述の3点セットが付いてきます。

フタ受けはキューブガーデンがステンレス製、アクロはプラ製のものでそれぞれ4つ。

アクロはその他にガラスフタ(58.3cm × 24cm, ガラス厚3mm) とマットが付属。

マットは厚さ2mmで正直マットというよりは滑り止めシートみたいなものでクッション性はほぼ期待できないかなと。気になる場合は5mm厚くらいのものを別途購入した方がいいかもしれません。

 

付属品はアクロの方が必要最低限は揃っているので購入したらすぐ始められるのはいいところかと思います。特にガラスフタ付属というのはいいですね。使うかどうかはともかくあるに越したことがないのは間違いないです。

 

3. 保証

 

次は品質保証について比較していきます。

キューブガーデンは3年、アクロには1年の保証がついてます。

ぱっと見ではキューブガーデンの方が保証が長くていいように思えますが、キューブガーデンの保証はADA製の水槽台を使用していることが絶対条件のため他社の水槽台を使用している場合は保証を受けることが出来ません。実際に使用している方でもしっかりと保証を受けられる方は結構少ないんじゃないかと思います。(筆者も保証条件は満たしてません)

対してアクロの品質保証は1年とキューブガーデンと比べると短いですが、通常使用の範囲であれば誰でも確実に1年間の保証を受けられるかと思います。詳しくはチャームのスーパークリア水槽販売ページにあるpdfリンクを参照していただければと思います。

 

 4. 価格

 

最後に価格についてです。

まず表に記載した価格についてですが、キューブガーデンはADA公式サイトに記載されているメーカー希望小売価格を参照しております。実勢価格は販売特約店によって多少のばらつきがあるかと思います。

アクロについても表での価格は筆者のチャーム本店サイトでの購入価格で、販売サイトや在庫状況、セール等で多少の上下が発生します。

両者とも場所や状況によって価格の上下がありますが、概ねアクロの方がキューブガーデンより2,000円程度安く購入できると思います。

 

5. まとめ

 

以上、全4項目にてキューブガーデンとアクロを比較してきました。

 

品質:  キューブガーデン≧アクロ

付属品: キューブガーデン≦アクロ

保証:  条件が異なるため比較不可

価格:  キューブガーデン<アクロ

 

ざっとまとめるとこんな感じになります。

レビュー項目には入れていませんが購入方法にも大きく違いがあり、キューブガーデンは特約店での店頭購入のみ、アクロは基本charmの通販購入が主。この辺はアクロの方がフットワークが軽くていいですね。届けてくれますし機材を同時に注文しておけば届いた瞬間すぐに立ち上げできますし。

 

最終的に言えることは月並みではありますが、品質のキューブガーデンとコスパのアクロです。

その上で好みやコスト、条件を加味してより自分にあった物を選択していただけたらと思います。どちらもいい水槽です。

 

f:id:navy-navy:20210111230520j:plain

 

想像以上に長くなってしまいましたが、比較レビューは以上となります。

比較していく中である意味それぞれの思想が表れていてなかなか楽しかったです。

最後になりますが、今回は筆者所有物での比較となります。全ての製品が同様とは限りませんのでその辺はご理解の程よろしくお願いします。